日本語教師として海外で活躍するためにすべきこと

日本語の素晴らしさを教える仕事

女性

外国人に日本語を教える

日本語教師とは、外国人に日本語を教える教師のことです。国語の教師と勘違いされることは多いですが、国語を教えることはなく、主に日本語の発音や文法、会話などを教えます。外国人に日本語を教えるためには、専門的な知識や指導のテクニックが必要になります。

世界中で活躍できる

日本語教師は、外国人に日本語を教えるので、働く場は世界中にあります。日本国内でも、留学生に教えることができますし、海外でも学校の日本語学科があるため、先生として働くことができます。ビジネスに必要な日本語を教えたり、論文の書き方を教えたりなど、仕事内容は働く場によって異なります。

必要な資格や免許

海外で日本語教師になるためには、必ず必要な免許や資格などはありません。ただ求人には「文化庁指定の日本語教師要請420時間講座を修了している」「日本語教育能力検定試験に合格している」などの条件を提示しているところが多いです。また、働く場所によっては、現地の言葉を話せる必要があります。欧米諸国で日本語教師として働きたい場合は、ネイティブの英語を話せなければいけません。

体験レッスンを受けよう

英語が苦手だけど、欧米諸国で日本語教師として働きたいという場合は、イーオンで英語を学ぶと良いでしょう。イーオンは評判が高い英会話教室で、芸能人もレッスンを受けているほどです。イーオンが気になっているなら体験レッスンを受けてみると良いでしょう。体験レッスンを受けるメリットは、無料で講師の質や教室の雰囲気などがわかることです。実際に受けてみないとわからないことはたくさんあるので、イーオンが気になる方は、体験レッスンを受けるべきです。

やりがいがある仕事

外国人に日本語を教えるのは非常に難しいですが、日本語教師はやりがいがある仕事です。生徒がみるみる上達しておくと、とても達成感を感じますし、一緒に楽しい気分になれます。また、外国人と英語などでコミュニケーションをとることになるので、外国語に関心がある人にとって魅力的な仕事でしょう。

イーオンで学ぼう

アルファベットとぬいぐるみ

英会話上達の秘密

イーオンには、様々なコースがあるので、目的や自分の英語力に合ったレッスンを受けることができます。日常英会話を学べる日常英会話コースだけではなく、TOEIC L&R テスト対策ができるコースもあります。

READ MORE
広告募集中